手作り車椅子ブレーキカバー


 
今回は、とっても素敵な手作りの車椅子ブレーキカバーを紹介します!
車椅子ブレーキカバー


 このブレーキカバーを作って下さっているのは、松本武司様です。以前特養にご入所されていた松倉きぬ様のご長男様です。
車椅子ブレーキカバー
 テレビでサランラップの芯をアレンジして雑貨を作っているのをヒントに、車椅子のブレーキカバーを思いつかれたそうで、厨房や介護現場の使い終わったサランラップの芯を使って、丈夫で使いやすいブレーキカバーを手作りしてくださっています。 
平成25年11月、松倉きぬ様は残念ながらご逝去されましたが、お母様が余生を過ごされた故郷の家・京都のために、今も定期的にこの素敵な手作りブレーキカバーを届けてくださいます。

 綺麗な包装紙やカラーテープ、シールで装飾してあり、見た目にも華やかでおしゃれ!
 松倉様の作ってくださる愛情たっぷりのブレーキカバーが、ご利用者様の生活を、より豊かにしてくれています。
車椅子ブレーキカバー
車椅子ブレーキカバー
  松倉様はこのブレーキカバーを故郷の家・京都だけでなく、近隣の福祉施設にも寄付されており、色々な場所で活用されています。
 故郷の家・神戸や故郷の家(堺市)のご利用者様にも、素敵なブレーキカバーをお届けしたいと思います。

 本当にありがとうございます。松倉武司様に、心より感謝いたします。

記事:介護課長 衣川比呂志



2016.01.22 | 未分類

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

コヒャン京都

Author:コヒャン京都
京都駅の南、鴨川のほとりに立つ故郷の家・京都。
ヘルパー、デイサービス、居宅支援事業所、ケアハウス、特養、ショートステイのサービスを提供。そのサービスの様子をご紹介します。

求人用2

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR