『和』の心を感じて・・・

五山

8月16日、五山の送り火の行事を行いました。
五山の送り火が始まる前に、見晴らしのいいスカイラウンジで、飲み物を用意し、テレビを
見ながら利用者間立ちがお話しながら点火の時を待ちます。
五山五山
五山
いよいよ午後8時から、送り火が点火。故郷
の家・京都の屋上からは、『舟形』と『妙法』
の『法』の時を遠くに見る事が出来ます。
テレビ中継で大文字の点火を観たあとは、庭園へ。
遠くで明々と燃える送り火を見ながら、手を合わせてご先祖様をお見送りされている方や、韓国職員に、送り火の歴史についてお話しして下さる方もおられました。




お茶会
故郷の家・京都は2か月1回、国際ソロプチミスト大阪・南陵の、裏千家の師範
でもある池田邦子先生がボランティアに来てくださり、ご利用者様にお茶会を行います。
お茶会お茶会
池田先生がご利用者様のために季節に合わせたお菓子も用意して下さいました。
お茶会お茶会
お抹茶と、珍しいお菓子が目の前に運ばれてくると、、「わー、綺麗やね!」「ほっこりするなぁ」と、皆様感激されていました。
お茶会お茶会
ご利用者様同士で、楽しくお話されたり、お手前を披露してくださった池田先生に「とっても美味しいかった、ありがとう!」と声を掛けておれる方もいらっしゃいました。
参加された方は心から楽しまれました。 池田先生に、心からお礼申し上げます。



行事おやつ


 8月はところてんです!
スーパーで売っている既製品のところてんではなく、本物のテングサを煮出して、本格ところてんです。
大きな釜で1時間グツグツ煮ると、寒天エキスが出てきます。それを漉して冷やし固め、適当な大きさに切って、『天突き』で押し出します。
行事おやつ
行事おやつ
 きれいなところてんの出来上がり!

黒蜜とみかんの缶詰、グリーンティで作った青もみじゼリーを飾って完成です!

ところてんの独特の食感と、ほのかに感じるテングサの香り、黒蜜のやさしい甘さが食欲をそそります。
行事おやつ行事おやつ
ご利用者様からは、「珍しいねぇ!」「海の近くに住んでたから、子供の頃よく食べたのを思い出すなぁ。」と懐かしがられる方も多く、大好評でした。

記事:ブログ担当



2015.09.04 | 未分類

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

コヒャン京都

Author:コヒャン京都
京都駅の南、鴨川のほとりに立つ故郷の家・京都。
ヘルパー、デイサービス、居宅支援事業所、ケアハウス、特養、ショートステイのサービスを提供。そのサービスの様子をご紹介します。

求人用2

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR